創立聲明書 昭和三十八年二月三日

 明治末期の文藝協會・自由劇場に始る新劇の歴史は、大正十三年の築地小劇場運動によつて、漸くその軌道に乘つたものと言へませう。が、それから三十餘を經た今日、新劇界は早くも當初の理想と情熱とを失ひ、しかも據るべき傳統はつひに形成されず、依然として混迷のうちに停滞しながら、その不安を専ら獨善的な自己滿足の蔭に糊塗してゐるかに見えます。
 新劇が西洋の演劇を範として出發したものである事は、言ふまでもありませんが、その際、當時の運動の擔ひ手達が犯した過ちの第一は、「西洋」の魅力と「演劇」の魅力とを混同し、後者より寧ろ前者の虜となつたことであります。そのために新劇は演劇に奉仕する前に、まづ日本の近代化に奉仕する事になりました。即ち、それは西洋の思想・社會・風俗の新しさに憧れる文明開化運動の一翼を擔はされる事になり、やがて時代の推移と共に尖鋭化して、政治運動へと先細りして行かざるを得なくなつたのであります。
 彼等の犯した過ちの第二は、數百年に亙る長い歴史の末端に位する西洋の「近代」あるいは「現代」の演劇に過ぎぬものを、直ちに「西洋」の演劇そのものと誤認した事であります。なるほど西洋においては、それら自然主義・表現主義の運動が、傳統の固定化、形式化による堕落から、演劇を救ひ出さうとするものであつたといふ事實は、あながちに否定し得ません。が、歴史を全く異にする吾が國に移し入れられた時、それらはただ演劇をその傳統から斷ち切り、單に近代的衰?に追込む否定的な役割しか果す事ができなかつたのです。即ち、新劇は日本の演劇傳統に對して全き絕緣を宣言したばかりでなく、西洋の演劇についても、古典の源流にまで遡り、その本質を探らうとする姿勢を採る事なく、現在に至るまで唯ひたすら近代劇・現代劇としての自律と完成とに小成を求めて來たと言つても過言ではありますまい。
 しかし、第三に傳統と本質とを無視して、それみづからにおいて完成し、自律性を獲得しようと焦れば焦る程、それは他の藝術や文化とはもちろん社會一般との繋がりを斷たれて、閉鎖的、排他的な世界を形造り、その狹い職業意識の殻の中に閉ぢ籠らざるを得なくなりました。事實、今日の新劇は外部からその未熟と遲れとを絕えず嘲笑されながら、己れと最も密接な關係にあるべき筈の文學や文壇とさへ絕緣し、頑なにその門戶を開かうとしないのであります。
 これらの禍根はいづれも築地小劇場運動そのもののうちに潛んでをります。私共もまた多かれ少なかれその弊風に禍されてをりませう。が、その自覺こそ、むしろ私共に残された唯一の共有財産であります。故に私共はみづから勤めて自足の殻を打ち破り、無から出發しようとする決意のもとに、同行相求めて今日に至つたのであります。私共の目的は單に劇團を造る事にあるのではなく、文藝協會・自由劇場設立當時の初心に立ち返り、新劇の目ざすべき「劇」とは何かを問ひ正し、その傳統形成の礎石となることにあります。もちろん私共は演劇が藝術であると同時に娯樂であることを無視するものではありません。ただ、戰前の新劇が觀客に向つて苦行的陶醉を强ひた風潮を否定すると同時に、今日その反動として大衆社會化の波に乘り、いたづらに卑俗安易な迎合に陥りがちな風潮にもまた抵抗を感じるものであります。
 ここに私共は現代演劇協會なる構想のもとに演劇集團「雲」を組織し、以上の趣意に基づく行動を開始する事を誓ひ、皆樣の御理解と御支持とをお願ひ申上げる次第です。